長年に渡り蓄積された経験と技術

地震、水害、台風・・・と自然災害は、突然私達の生活を揺さぶります。 どんな災害にも負けない頑丈な現場の完成は、 長年の経験と技術で防ぐことができます。
わが社にお任せ下さい。 社員全員が責任を持って現場を完成致します。  

三養基地区 県営かんがい排水事業工事

この工事は、佐賀県東部における地域での、農林事務所が計画する農業用かんがい 排水管(内径500mm)を埋設するものです。

かんがい排水事業とは、農業生産の基礎となる農業用水の確保や排水改良等を行う事業です。 この写真は、県道の歩道部分に埋設をして埋め戻す前の状況です。
また、みやき町との協議により、下水道管と並列埋設し何度も掘り返す手間を省く工法でした。やり難い部分は少しありましたが、少しでも農業生産者の御役にたてて嬉しく思います。工事中は、地域住民や、歩行者にも御理解と御協力をいただき無事に工事を完了致しました。心より感謝申し上げます。

 

 

 

三養基地区 治山工事(砂防ダム)

  doboku-kouji-011.jpg

 

 

千代田町造成工事

本工事は、お客様からの依頼で、農地を宅地にする為の造成工事を行いました。

ご要望としてなるべく土地を広く有効利用したいとの事で、現地調査を行いプランをいくつか作成し、何度も打ち合わせを行った結果、土地全体を無駄なく利用し、なおかつコストを削減する工法を採用しました。

土地を最大限に有効利用する方法を考えた所、隣接する竹林がネックとなりました。竹の根というものはどこまでも伸び続けるといわれ、宅地への侵入が考えられます。ここでの竹の根の侵入を防止する対策として「防竹シート」という高密度ポリエチレン製のものを宅地境界線上の埋設を行い竹の根が宅地へ侵入しないようにしました。

工事完了後、お客様や地域の方から元の土地より広くなった気がするねという声があり喜んでもらえたと思います。又、地域発展のお手伝いができて非常にうれしく思います。

     

 

▲このページのトップに戻る